ご贈答用商品

ご家庭用商品

香味干し

生海苔

ご馳走おむすび米

海苔へのこだわり

プロ用食材

社長のブログ

FAX注文用紙

海外発送

営業日カレンダー

 定休日 

■営業時間 9:00~17:00

 

紙袋

 

ホーム > 海苔へのこだわり > プロが教える海苔の上手な保存方法

海苔へのこだわり

海苔の保存って、簡単なようで難しい!と言われますが、コツさえつかめば、実はとっても簡単なんです。食べる分だけを小まめに容器や袋から取り出し、さっと密封する!乾燥剤の状態を確認すること!単にそれだけのことなんです。詳しくは、下記を参考にして海苔を美味しくお楽しみください。

 

プロが教える海苔の上手な保存方法

海苔はパリッとした食感と風味が命!

海苔は湿気が大敵!どんなにいい海苔でも、一度湿気ってしまうとパリパリ感が無くなり、風味もとんでしまいます。そこで、開封して最後まで、パリッと美味しい海苔を食べていただくための方法や、ちょっとしたコツをお教えします。

なぜ
のりは湿気ってしまうの?

海苔の封をあけ、そのまま放置しておくと湿気て赤く変色してしまいます。これは海苔に含まれる少量の塩分の吸湿性によるものです。光や温度、湿度に大変敏感で温度や湿度の高いところに置くと劣化がすすみパリッとした張りや味、香りまで失ってしまいます。

では、
どうして保存したらいいの?

長期保存の場合は、冷凍庫が最適です。袋やタッパに入れて密封し、外からの湿気を遮断してから冷凍庫にしまってください。使用する時は、必ず常温に戻してから開封してください。こうして保存すると風味豊かな美味しさを保つことができます。もちろん、常温での保存もお教えしますね!

 

 


乾燥剤

石灰乾燥剤はいつまで使えるの?

先ずはさわってみてください。袋の中にある消石灰が左の写真の「吸湿効果あり」のように粒状でサラサラしているようであれば、まだまだ使えます。いっぽう写真左の「吸湿効果なし」の様に粉状となり袋がパンパンに張っている状態であれば既に吸湿効果はありません。乾燥剤を早めに入れ替えることをお勧めします。

 

海苔の保存にはコレ!

 

海苔保存用アルミ袋(チャック付)  海苔保存用アルミ袋(送料込み)  石灰乾燥剤40号 石灰乾燥剤120号 

   

 

「分とく山」野崎洋光氏の海苔の概念を変えた海苔。

佐賀海苔のご案内

 

袋で保存する場合

チャック付の袋に入れておくと便利です。食べるときは、必要な枚数だけを取り出し直ぐにチャックを締めて密封します。密封の際のポイントは、袋内の空気を抜きながらチャックを締めることです!そうすると、湿気を含んだ空気が少なくなることで、乾燥効果も高まり乾燥剤も長持ちをします。乾燥剤も要チェック!です。乾燥剤がサラサラした状態のものは大丈夫ですが、もし乾燥剤の中身が顆粒状ではなく粉状になっていたり、膨れてパンパンに張っていたら乾燥剤の効果はありません。できるだけ早く、新しい乾燥剤に入れ替えてください。
※保存用の袋は、アルミ袋が最も最適です。アルミは空気を全く通さないため防湿効果に優れた袋といえます。
※お菓子などに入っている石灰乾燥剤は、捨てないで海苔や椎茸などの乾物のストックに入れて再利用したら良いですよね! また、長く使わないようであれば、袋を2重にして冷凍庫に入れて保存したら、美味しさが保てます。その際も乾燥剤は入れたままでもOKです。出来るだけ袋内の空気を抜いて密封し保存してください。

 

容器で保存する場合

とにかくフタをまめに閉めるに限ります!その際も乾燥剤には、注意してください。容器の場合は、乾燥剤の大きさが重要になります。容器内の空気が持つ水分まで吸湿する必要があるので、小さいサイズの乾燥剤の場合は、直ぐに吸湿効果が無くなる可能性があります。当社の製品は、大き目の乾燥剤を使用しているので、食べ終わった後にも充分利用できます。他の海苔や乾物に乾燥剤を再利用ください。 また、使い終えた容器を乾燥剤のストック容器にして貯めておけば、いろん場面で利用できますよ!

 

袋の材質でも違う保存状態!

袋の場合、その袋の材質によっても保存期間が大きく異なります。ビニール系の袋は、空気を通してしまうので防湿効果はイマイチ!なんです。ご注意ください。
※ビニール系の袋とは、袋を引っ張ると少し伸びてしまうようなものです。フリーズパックなどの食品保存用袋などは、このビニール系の袋なので防湿効果はそれほど高くはありません。お菓子や海苔などにはあまり使われていませんので、海苔が入っているチャックのついた袋などをとっておくと便利ですよね! フリーズパックなどビニール系の袋でも、石灰乾燥剤が利いているとパリパリ感はちゃんと保つことができます。
ちなみに、ポテトチップスなどの袋に使われている袋は、袋の内側にアルミを蒸着させた袋なので防湿効果が高い袋なんです!

 

乾燥剤(石灰乾燥剤)とシリカゲルの違いは?

石灰乾燥剤:販売されている海苔にはほとんど石灰乾燥剤が封入されていると思います。但し、使用されている乾燥剤のサイズによっても、海苔の保存期間が大きく違ってきます。商品内部の容積や海苔の量、袋や容器などの包装材料の材質などを加味して適正な乾燥剤のサイズが使用されていると思いますが、当社の商品は開封後もパリパリ感を楽しんでいただけるよう、通常より大きめの乾燥剤を使用しております。

シリカゲル:飴玉やせんべいなどに封入されているシリカゲルは、透明で丸いビーズの様なものが入ったものです。このシリカゲルは、湿気をどんどん吸収するというよりは、ゆっくりと吸湿を行うので中の状態を維持する程度のものと考えておいてください。海苔の保存には、石灰乾燥剤をおすすめします。

商品のご案内

 

 

プロ御用達の商品一覧へ